CATIA V5 ドラフトツールのエラー原因を理解しよう-5

らくポン
らくポンです
CATIA V5 のソリットツールのエラー原因について解説します。
エラー原因を理解するとモデリングが楽になります。
らくポン
エラーになりやすい形状の解説です

エラーになりやすい形状

ドラフトをかける順番について

他でも解説していますが
フィレットが先か ドラフトが先かについて
角Rの場合はエラーだけの理由であればどちらでもOKです
角Rについては勾配を入れると大きくなる方向の為、基準面が平坦であればエラーになることはありません。

形状の違いについて認識できていれば問題ありません。
例ではR5を勾配の後か先に入れるかの違いを見ます

A :フィレット → ドラフト
B :ドラフトト → フィレット
らくポン
Bの場合は上面のエッジが変化することに注意しましょう

上面のエッジ部分のRはドラフト後に入れたのでR形状ではなく円筒を斜めにカットした形状になります。
エッジだけで比べれば小さくなります。

フィレットとの交線が小さくなり円弧ではなくなります

エラーになりやす形状

スプライン形状の場合もネガRが小さくなるとエラーになるので
形状変更する場合は注意が必要です

 

 

ネガRが小さくなればエラーになります

ポジRの形状はエラーになりにくいです

らくポン
形状変更するときはネガRが小さくならない様に注意が必要です。
最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG