CATEGORY

ソリットモデリング

  • 2021年4月1日
  • 2021年5月8日

CATIA初心者におすすめする ソリットモデリングの心得

  ソリットモデリングの作り方に正解はありませんがCATIA初心者におすすめするソリットモデリングの心得です。   CATIA初心者におすすめ ソリットモデリングの心得 ハイブリットデザインは使わない ハイブリットデザインの設定は外しておきましょう。 […]

  • 2020年12月7日
  • 2021年4月30日

Solid Modeling_Tutorial  WHEEL_Nismo-LMGT4

ソリットモデリング_チュートリアル WHEEL_Nismo-LMGT4 —- 使用コマンド —- スケッチ ワイヤーフレーム(平面) サーフェース(シャフト) 曲線オフセット(平行曲線) スケッチベースフィーチャー(シャフト) […]

  • 2020年2月5日
  • 2020年9月12日

フィレットRのコツ ソリットモデリングをマスターしよう①

フィレットRのコツ 簡単な形状を例に説明していきます。 複雑な製品形状も基本の繰り返しなので基本をマスターすれば複雑な製品でも同じです。 同じ設計条件でも作業者によって形状が変わりますので、効率よく作成されたデータは見ればすぐにわかります。 当然、不 […]

  • 2020年1月29日
  • 2020年9月12日

ソリットとサーフェースの関係を理解する ~ 抽出 ②

抽出したサーフェースの特徴を解説   シャフトで制作したソリットにはクセがあります 抽出サーフェースのエッジ部分に点を作成して検証してみます シャフトのコマンドで360°で回転させている形状から抽出すると 2つのサーフェスがつながった円状に […]

  • 2020年1月29日
  • 2020年9月12日

ソリットモデルの変更  ボディの置換

ソリットモデルの変更  ボディの置換   ソリットのボディで置換のコツを解説 基本形状など新しい形状にする場合はボディ形状の置き換えがおすすめです。 サンプルではOUTの基本形状をIN側でリンクさせて使用しています。 基本形状の変更であれば […]

  • 2018年1月29日
  • 2020年9月12日

スケッチの変更によるソリットエラー 変更のコツ ②

スケッチの変更によるエラー原因を解説 スケッチの寸法拘束で寸法変更する場合は履歴変更でエラーの心配は少ないのですが エラーが出る可能性がある作業として要素の削除があります。 スケッチベースフィーチャーのコマンドではスケッチの要素を使用してソリット形状 […]

  • 2018年1月29日
  • 2020年2月26日

スケッチの変更によるソリットエラー 変更のコツ ①

スケッチの変更によるエラー原因を解説 断面のスケッチを変更して形状変更する場合 スケッチを動かす以外の方法として別のスケッチに入れ替える方法のコツを紹介します   スケッチの寸法変更ではエラーになりにくいですが スケッチの形状を大きく変更す […]

  • 2018年1月25日
  • 2020年4月16日

ソリットモデリングのコツ  COVER_01 ②

寸法基準の履歴操作について 平面を基準にスケッチを制作しているので平面を変更することで形状変更が容易になります。 基準平面を60 → 75に変更 スケッチが拘束されているので形状が変化します。 関係する要素が同一の基準になっているのでエラーにならずに […]

  • 2018年1月25日
  • 2020年9月12日

ソリットモデリングのコツ  COVER_01 ①

簡単な肉厚形状の製品データを例としてソリットモデリングのコツを解説   —- 使用コマンド —- スケッチ  パート デザイン スケッチベースフューチャー(パッド、シャフト) ブーリアン演算(和、差、) 新規ボディに […]

  • 2018年1月25日
  • 2020年9月12日

エラーの少ない履歴構築  ~循環エラー

エラーの少ない履歴構築  ~循環エラー らくポン エラーの少ない履歴構築のため履歴操作で循環エラーを避ける方法を解説します。 履歴を置き換えると ”循環エラー” になる場合があります 原因は履歴の順序に矛盾が発生して 【卵が先か鶏が先か】の状態になっ […]

>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG