ソリットモデリングのコツ 制作例 アルミホイール①

 

ソリットモデリングのコツ 制作例 アルミホイール①

—- 使用コマンド —-

  1. スケッチ
  2. サーフェース(シャフト)
  3. サーフェースベースフィーチャー(分割)
  4. スケッチベースフィーチャー(シャフト)
  5. スケッチベースフィーチャー(パッド)
  6. ブーリアン演算(差)
  7. 変換フィーチャー(円形パターン)
  8. ドレスアップフィーチャー(ドラフト)
  9. ドレスアップフィーチャー(エッジフィレット)

CATIA V5 の基本的なソリットのツールを使用してホイール形状を制作していきます。

らくポン
初心者でも簡単にモデリングできますよ

履歴操作でパターンを制御できますのでデザインイメージを検討するのが容易なデータになります。

1.スケッチでリム形状を制作

デザイン部分は埋めた形状にします。デザイン部分を後で削っていく様な作り方になります。

コマンド : スケッチ

 

 

2.リム形状

スケッチをシャフトでソリットにします。

コマンド : スケッチベースフィーチャー(シャフト)

 

3.フェイスデザインをサーフェースで制作  

スケッチをサーフェース(シャフト)で回転サーフェスを作ります。

コマンド : サーフェース(シャフト)

 

4.フェイスデザインでソリットをカット  

サーフェスを使ってソリットをカットします。

 使用コマンド : サーフェースベースフィーチャー(分割)

 

 

5.開口部の引くソリットを制作  

開口部の平面図をスケッチからパッドで押し出します。

角Rは入れずに開口部の半分にします。

スケッチでRを入れるとエラーが出やすいので基本形状はエッジ形状でつくりドレスアップフィーチャーで作りこみます。
(図はわかりやすくするため完成形状を重ねています)

 

使用コマンド : スケッチ + スケッチベースフィーチャー(パット)

 

 

パッドで押し出します

使用コマンド : スケッチベースフィーチャー(パット)

 

 

6.開口部の引くソリットをサーフェースでカット 

リム内側のサーフェースを作ります

 使用コマンド : スケッチ  

 

サーフェスで分割します。

使用コマンド : サーフェース(シャフト) + サーフェースベースフィーチャー(分割)

 

7.開口部を円形パターンで配置 

使用コマンド : 変換フィーチャー(円形パターン) 

中心軸(Z軸)+ 完全なクラウン + インスタンス10  で 10個に円周上に均等配置できます

 

 

 

とりあえずリム形状に穴をあけてみます

使用コマンド : ブーリアン演算(差)

 

Rを入れていないのでカクカクです。

このままフィレットを追加できますが すべての場所に入れるのは手間なのでパターンの前にデザイン形状を追加していきます。

次へ  ソリットモデリングのコツ 制作例 アルミホイール②

 

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG