Fusion360

Autodessk Fusion360

1980年代に、2DCADのAutoCADで市場を独占した Autodesk社の3DCADです。

いろいろ買収して2D、3DCAD、3DCG のソフトをすべて網羅する大手です。

Autodessk社が進めるサブスクリプション購入で年間 61,600 で購入できる3DCADで
個人使用であれば無料で使用できるソフトなので3DCADの入門としては素晴らしいです。
教育用も無料使用OKなので教育機関での採用も多いでしょう。
無料で製品版と同じ機能が使えるのですが できないのは別のCADからのデータ変換です
STPなどの中間ファイルは読み込み可能ですので十分でしょう。
技術サポートは無し

レベル的にはミッドレンジCADになります
競合するSOLIDWORKS が100万~150万  年間使用料 20万~32万 なので
6万で購入できるのはかなりお得です。
でもAutodessk は普及して手放せなくなったころに値上げする会社なので油断できませんが。

https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

Autodessk社 のソフトはチュートリアルが豊富なので独学で勉強しやすいのも利点ですね。

ここでは CATIAとの操作方法のちがいについて解説します。

 

スケッチとソリッド形状の基本 その2 追記  Autodesk  Fusion360 & Inventor 比較

歯車形状が簡単に制作できる?パート2 Fusion360

>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG