CATIA V5  パートデザイン 「シェル」と「ランプを除去」を使った中空形状の内容量を測定

パートデザインの 「シェル」と「ランプを除去」を使った小技を紹介します

[Part Design]      【shell】   +【ランプを除去】

オフセット形状を簡単に作る方法

中空形状を作る

ソリットを選択、通常は除去する面を選択しますが、なにも選択しないで
「デフォルトの内側の厚み」にオフセット数値を入力してOKをクリックすると
中空形状ができます。

「ランプを除去」で内側のソリットにする

次にブーリアン演算の「ランプを除去」で外側を選択
内側のソリット形状だけになります。
らくポン
エッジがある形状でも一発でオフセットできるのがメリットですね。
らくポン
でも履歴としては分りにくいので履歴の途中に多用しない方がいいかも。

中空形状の内容量を測定

「ランプを除去」の応用で中空形状の内容量を測定するのに使えます。

参考データ

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG