CATIA V5  GSD ロー(LAW)を使ってフレキシブルチューブを作る 

ロー(LAW)を理解するために
フレキシブルチューブを作ってみましょう。
ローを定義するためには 「基準線」と「変化する線」が必要です
まずはストレートのジャバラホースを作ってみます
中心軸として同じ長さの直線を作ります。スケッチでもワイヤーフレームでも直線であればOKです
スケッチでジャバラのラインを作ります。φ60のパイプにしたいので中心軸から30で作図します

ローの定義

基準に「中心軸」、「定義」に「変化する線」を選択します。
OKすればツリーにローが作られます。

ローを使ったスイープ

中心線をスプラインで作ります
スイープの[中心と半径]を使ってパイプを作ってみましょう。
中心曲線と半径を入力します
半径30のパイプができます。
規則的な変化だけなら半径値の右にあるローを選択するとローの定義を設定できます
一定の徐変なら直線、Sタイプで十分対応できますが
変化する数値を自由に設定するのにはローが必要になります。

ローを定義の「拡張」

ローを定義の「拡張」を選択

ローエレメントに定義した「ロー.1」をツリーから選択します
らくポン
仕事で曲げたフレキシブルチューブを作ることはあまりないと思いますが
徐変の指示が複雑な場合はローを活用しましょう

参考データ_ダウンロード(無料会員)

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG