CATIA デザインスケッチをトレースしたい?裏技公開

CATIA デザインスケッチをトレースしたい?裏技公開

らくポン
スケッチトレース デザインイメージをトレースしたいとき ありますよね?

ライセンスでは フリースタイル・スケッチ・トレーサー が必要になります。

でも画像をトレースするならスケッチトレーサーが無くてもでしまいます。

そんな裏技を公開!

 

準備するもの
デザインスケッチの画像 png、jpg  などの画像ファイル サイズは正方形

画像を正方形にしないと表示が変形します。

 

1.画像を投影する正方形のサーフェースを作成

スケッチで正方形を作図してフィルでサーフェースを作成します

 

2.サーフェースにマテリアルを適用

サーフェースにマテリアルを適用します。
「その他」にある 何に使うかわからない謎のマテリアル ”DSスター”を選択します。

適用されたマテリアルをツリーから選択(ダブルクリックするとプロパティが表示されます)

マテリアルのテクスチャー画像を入れ替える

プロパティ → レンダリング → イメージ名にDSスターの画像がリンクされています

これを用意した画像と入れ替えます。
右端の画像を選択するとファイルを選択できますので用意した画像をフォルダーから選択します。

繰り返しのチェックを外すと画像が1枚だけ投影されます。

マッピング  → 平面    繰り返しのチェックを外す

画像サイズ調整

画像サイズを調整します
Uのスケールの数値を増やすと画像が大きくなります。
UとVの数値はリンクしているのでUの数値と合わせて入力されます。
数値を別にすれば比率を変更できますが四角形にしているので比率は変更しません。

物に合わせて比率を微調整します

設定完了!

 

これでスケッチをトレースできます。
簡易スケッチトレーサーとしてかなり使えますよ。

らくポン

スケッチの画像サイズが同じなら画像を入れ替えれば変更できます。
便利なので使ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG