歯車形状が簡単に制作できる?FreeCAD活用

らくポン
歯車の形状データを作るの皆さんどうやってます?
試作の制作で汎用品のギヤが使えないときありますよね?
樹脂ギヤなど切削で制作することもあると思います。
以前は2Dデータを出力できるソフトを良く使っていたのですが
おすすめはFreeCADです。

FreeCADでのギヤデータの作り方を紹介します。

Part Design を選択します

Involute gear

Part Design ツールの中から Involute gearを選択します

 

インボリュート曲線パラメーター入力

歯数、モジュール、圧力角を入力するだけで簡単に作れます。

ソリットデータ化

そのままでは出力ができないのでソリットにしましょう。

ボディを作成します

フューチャーを選択で制作した Involute gear を選択
ツリーで Involute gear をドラックして bodyの下に入れます
パッドを制作します。stpなどで他のCADに取り込んで使いましょう。
(精度については試作の評価レベルに寄りますので検証してみましょう)
らくポン
便利なのは履歴で操作可能なんです。
数値を変更するだけで3D形状も更新されますので楽々です
らくポン
便利なので使ってみてください。
最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG