3DCADのメリットとは?

3DCADの最大のメリットは作っているものが視覚的に分かりやすいこと

2D図面は立体を平面に展開したものなので立体をイメージするために三角法など図法を知っている必要があります。

でも3Dなら画面の中に立体があるので誰が見ても形が分かります。断面もどこでも切れて測定すれば寸法もすぐに分かります。

ものづくり で大切な後工程に伝えることが 楽になります

設計者も2Dで設計するには頭の中のイメージを平面に書き出さないといけませんが

3DCADなら作りたいものをイメージのまま作るので直観的に理解できますので製品のイメージを具現化しやすいのです。

3DCADで作るデータのメリットは直ぐに形にすることが出来ます。

NCデータで切削、3Dプリンターで造形すれば設計データをそのまま形にできます。

試作制作のスピードが格段に上がりました。

図面しかない場合は図面から形状を読み取り、加工者が立体形状を理解するところから始まります

当然、細部では図面に表せない形状で設計者のイメージをズレが生じてしまいます。

3Dデータを活用すれば正確に、さまざまな手法で物が作れる時代になったわけです。

海外への依頼も3Dデータがあれば説明はいりません。
データが正確であれば間違いない製品を作ってもらうことが出来るのです。

逆に3Dデータに慣れてしまい、3Dデータがないと作業が進まないことにもなります。

3Dデータを作成する人材が不足することになり、ますますCADを使えるスキルが重要なったわけです。

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG