CATIA V5 DeLorean 3D-modeling Lesson 4

CATIA V5 BTTF-DeLorean 3D-modeling-learning

Lesson4

サイドパネルテーパー面

サイドパネルの段差部分から下側のベース面を作りましょう。赤線の様な断面形状にします。

点D、点Eのラインを作ります。

LINE_Aの基準面からオフセット面で基準を作ります。
LINE_D基準に47mm

LINE_E基準に20㎜ のオフセット面」を作ります。

側面上部のベース面(接合)とLINE_D基準オフセット面の交線を作ります

LINE_Eのためスイープのオフセット面(18㎜)を作ります。

オフセット面とLINE_E基準オフセット面の交線を作ります。

断面基準の平面と交線の交点を基準にスケッチで曲線を作ります。
スケッチ内で点D、点Eと一致拘束します。

点Eを基準に「配置スケッチ」でボディ側面の断面を作ります。

スイープを作ります。

基準LINE_DとLINE_Eを2つのガイド曲線を使用してスイープを作ります。(スイープDとします)

基準スイープでスイープ面を作ります。(スイープEとします)

フロントバンパー部の形状に繋げていきます。

先ほど作ったスイープDにバンパー基準平面と交線を作ります。

次に基準面DとLesson3で作ったブレンド面と交線を作ります。これをガイドにスイープさせます。

スイープDの交線をプロファイルにして2つのガイドスイープを作ります。
(水色のスイープ面 スイープD2)
ガイド曲線に連続性がありますのでスイープサーフェースもスイープDに接する面になります。

フロントバンパーテーパー面

フロントスイープ面の3㎜オフセット面を作ります

基準面Dとオフセット面の交線を作り交線からオフセット線を作ります(3mm)

 

フロント基準の押し出し面からオフセット70㎜の基準を作ります。

LINE_D基準と交線を作ります。

ガイドに使う曲線とXZ平面の交点に一致させたスケッチ曲線を作ります。
(スケッチのサポートはXZ平面)

2つのガイドスイープを作ります

同じガイド線を使用してバンパー部のスイープを作ります。

交点を基準にXZ平面にスケッチで曲線を作りガイド線に沿ってスイープを作ります。

作ったスイープ面を「外挿」を使って5mm延長します。(コナー部分をブレンドするのに延長している方がよいので)

 

 

次はフロントボディサイドを作ります。

⇒ Lesson 5

最新情報をチェックしよう!
>3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

3D CADは難しくない!コツをつかんで楽して覚えよう

楽して3DCADをマスターできてしまう情報あります。 会員登録されるとCATIAの参考データもダウンロードできます。

CTR IMG